濃厚すぎるキスシーンをして「キモい」と言われた芸能人4人! 滝沢秀明や江口洋介が口をパクパク…!マジきもいっす!!!!




恋愛ドラマなどに欠かせないキスシーン。

美男美女の口づけは女性視聴者をキュンキュンさせて羨望の的にもなる。しかし、あまりにも濃厚なキスシーンはドン引きされてしまうことも。






●錦戸亮

 2011年に放送されたドラマ『全開ガール』(フジテレビ系)では、最終回で錦戸亮(33)と新垣結衣(29)がキス。

ここで錦戸が新垣の口をむさぼるようにパクパクとさせたことで「気持ち悪い」「ガッキーとキスしたいだけ」「役じゃなくて自分の気持ち入ってる」とブーイングを食らうことになっていた。

 そこで今回は、2016年~17年に放送されたドラマに限定し、ドン引きされてしまったキスシーンを紹介していこう。






●滝沢秀明

 まずは2016年7月から9月にかけて放送されたドラマ『せいせいするほど、愛してる』(TBS系)でのキスシーン。

同ドラマでは、主演の武井咲(23)の不倫相手として滝沢秀明(35)が登場し、作中で2人は何度も口づけを交わした。

 15秒も口をつけっぱなしのキスなど、さまざまなキスがあったのだが、ネット上ではとにかく滝沢のキスが気持ち悪いと話題に。

「金魚みたいにパクパクしてキモい」

「タッキーのキスが下手すぎて一気に冷めた」

「タッキーと武井さんのキスがはむはむしてて笑った」

「キスがぎこちない」

といった声が続出。

ちなみに、15秒キスはリハーサルなしのぶっつけ本番だったらしいが、滝沢は「ある意味リアル」「思い切りやりました」と自信があったようす。






●山村隆太

 続いては2017年1月から3月にかけて放送された月9ドラマ『突然ですが、明日結婚します』(フジテレビ系)。

同ドラマでは演技初挑戦だというロックバンド・flumpoolの山村隆太(32)が主演の西内まりや(23)とキスシーンを演じた。

 山村のたどたどしく感情のこもっていない棒演技は案の定ブーイングを浴びることになたのだが、キスシーンではまた違った評価が。同ドラマでは見ている方が恥ずかしくなるほどのイチャイチャ&濃厚なキスがあったのだが、これに対して「山村のキスが上手すぎる」「山村さんのキス自然過ぎない?」といった驚きの声が続出したのだ。

 すると、演技は下手なのにキスだけ上手いことが「なんか気持ち悪い」「キスだけ演技上手くなるの笑える」「キスシーンだけ急にプロになるの勘弁して」とドン引きされることに。






●江口洋介

 最後は2017年7月から9月にかけて放送されたドラマ『黒革の手帖』(テレビ朝日系)。

同ドラマでは主演の武井咲ではなく、江口洋介(49)と江口のりこ(37)のキスシーンが話題になった。

 政治的なメリットのために、お互い愛し合っていないのに結婚することになった江口洋介と江口のりこが、結婚前に車中でキス。

ここで江口洋介は、異様なまでに激しく江口のりこの口をむさぼるようにパクパクさせていたため、ネット上では「おええええー!」「こんなキモいキスシーンなかなかない」「江口さんどうしちゃった?」とドン引きの声が続出する事態に。

なお、江口洋介と武井のキスシーンはソフトで、こちらはこちらで物足りないという意見も寄せられていた。


AV女優「桃井望」謎の焼死事件、自殺と扱われた未解決殺人事件の謎!!
上原多香子のデス不倫がなぜテレビで扱われないのか!?
上原多香子「デス不倫」で休業へ
不倫疑惑の宮迫、CM契約解除で1000万以上返還へ
小栗旬、テレビ初公開の歌声に反響続出
上原多香子、不倫相手と「妊娠疑惑」浮上!!

にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ

これからも良い記事を書く為に

クリックの方をご協力お願いします!






RSS 不明なフィード
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク