世界の俳優「年収ランキング2017!」!日本人で1番稼いだ俳優あの人!世界の俳優の年収公開!




先日、アメリカのフォーブス誌が「世界で最も稼いだ俳優の2017年版ランキング」を発表しました。

全世界の俳優にスポットを当てたものとなっていて、一体誰がどのくらい稼いでいるのか丸わかりになってしまうのです。

では、2017年に最も稼いだ世界一の俳優とは一体誰なのか?

また、日本人のナンバーワン俳優の年収とはどれくらいの差があるのか?

それでは、「世界で最も稼いだ俳優2017」のトップ10や、日本人ナンバーワン俳優の年収を見てみましょう。





日本人俳優年収№1はこの人!

日本人で一番年収を稼いだ俳優は、一体誰になるのでしょうか?

ちなみに、『世界で最も稼いだ俳優』は20位までしか判明しておらず、日本人俳優はランク外だったので全ては分かりにくいですが。

ただ、日本は映画産業も弱いですし、ドラマもスケールが違い、ギャラが安いです。

ハリウッドに進出していなければ、まずランクインすることはありえないでしょう。

ただ、それでは、一体世界のトップ俳優たちと、どのくらいの差があるのかわかりません。

2016年の俳優の年収ランキングを参考にしてみることにしました。

2016年の俳優の年収1位は、福山雅治さんということが判明!

年収は7億円と推定されているそうです。

ただ福山雅治さんは、どちらかというとミュージシャンとして活躍しているので、それを含めると「日本人俳優」としての№1ではないのかと。

という事、CM出演などはOKにして、俳優のみでの1位を見てみましょう。





すると、日本の俳優の年収2位に、堺雅人さんがランクインしていることがわかりました。

堺雅人さんは、ミュージシャン活動などをしていませんし、実質の№1俳優は堺雅人さんでしょう。

ちなみに堺雅人さんの2016年の年収は、3億8000万(推定)となっています。

かなり稼いでますが、世界の俳優とはかなり差がりそうな予感です。

年収も「10倍返しだ~!」と叫んで頂きましょう。





世界で最も稼いだ女優は?

この「最も稼いだ俳優」のランキングが発表される前には、「最も稼いだ女優」ランキングの2017年版も発表されていました。

ちなみに、「世界で最も稼いだ女優」の2017年の1位は、エマ・ストーンさんで2600万ドル(約286000万円)でした。

では、「世界で最も稼いだ俳優」の2017年版ランキング、そのトップ10を見てみましょう。





世界で最も稼いだ俳優ランキング

それでは、2017年版の「世界で最も稼いだ俳優」ランキングを見てみましょう。

1位  マーク・ウォールバーグ


1位に輝いたのは、マーク・ウォールバーグさん。

なんとその稼いだ年収は、6800万ドル(約74億円)。

「Daddy’s Home 2」や「トランスフォーマー/最後の騎士王」、リアリティ番組「Wahlburgers」、さらにはCM収入などで74億円も稼いだみたいです。

2位  ドウェイン・ジョンソン


2位は、2016年に1位だったドウェイン・ジョンソンさんです。

彼は鍛え抜かれた、凄まじい筋肉で有名ですよね。

2位になったとはいえ、その年収は1位と僅差の6500万ドル(約71億円)という、こちらも日本円にして70億円を超える年収です。

そんなお金をたった1年で稼いでしまうのですから、ハリウッドスターは本当に世界のスターなんだなと改めて実感させられます。

ちなみに、ドウェイン・ジョンソンさんは、ドラマ出演や、映画では「ベイウォッチ」、「ジュマンジ」などで稼いだとのこと。





3位  ヴィン・ディーゼル


3位に輝いたのは、ヴィン・ディーゼルさん。

同じ人間というのが信じられないほどの凄まじい筋肉をしています。

5450万ドル(約596000万円)という年収で、少しガクッと落ちましたが、それでも50億円を超えています。

ちなみに、「トリプルX:再起動」や「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」の収入が主なところだそうです。

「ワイルド・スピード ICE BREAK」は、前払金が2016年のリストに入ってしまっているとのこと。

4位  アダム・サンドラー


4位に輝いたのは、アダム・サンドラーさん。

コメディ映画の帝王としてアメリカで人気です。

日本では、「ピクセル」の主人公、サム・ブレナーを演じたことが有名でしょうか。

年収は5050万ドル(約55億1300万円)で、こちらも50億円を超えています。

アメリカではコメディ映画で人気のアダム・サンドラーさんですが、今回年収がアップした背景には、ネットフリックスでの長編映画の契約が影響しているとのこと。

ちなみに、脚本やプロデューサーを務めることもあり、制作兼主演という作品も多くあります。

「ピクセル」もその一例です。





5位  ジャッキー・チェン


この「最も稼いだ俳優」で、アジア出身の俳優では最高の順位を記録したのが、ジャッキー・チェンさんです。

ジャッキー・チェンさんについては、もはや説明不要のアクションスターです。

年収は4900万ドル(約53億4900万円)で、その大半が中国映画からの収入になっているそうです。

ハリウッドスターがハリウッド映画主流で稼いでいるのに対し、収入の大半を中国映画で得ていて、それでいて世界5位にランクインしてます。

多分、相当ギャラが高そうです。

6位  ロバートウニー・Jr


6位にランクインしたのは、「アイアンマン」のトニー・スターク役で有名なロバートウニー・Jrさん。

年収は、4800万ドル(約52億4000万円)とのことで、6位でも、まだまだ50億円超えが続きます。

2017年では、「スパイダーマン:ホームカミング」などに出演しています。





7位  トム・クルーズ


7位にランクインしたのは、トム・クルーズさん。

トム・クルーズさんについても、もはや説明不要のハリウッドスターでしょう。

年収は4300万ドル(約47億円)とのことで、惜しくも50億円には届きませんでした。

2017年は「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」や、今後公開となる「バリーシール/アメリカをはめた男」に出演しています。

8位  シャー・ルク・カーン


8位にランクインしたのは、ボリウッド俳優のシャー・ルク・カーンさんです。

年収は3800万ドル(約41億4800万円)となっています。

この「ボリウッド」というのは、インド映画産業を指す言葉で、インド・ムンバイの旧称であるボンバイの「ボ」とハリウッドをもじった言葉

今、インドの映画産業はかなり勢いを伸ばしてきていて、ボリウッド映画や俳優は着実に成長中。

それを示すかのように、8位からこの後の9位、10位は3人ともボリウッド俳優なのです。





9位  サルマン・カーン


9位にランクインしたのは、インドのボリウッド俳優、サルマン・カーンさんです。

インドでは80以上の映画に出演している、まさに大人気のボリウッド俳優。

年収は3700万ドル(約40億4000万円)となっています。

絶滅危惧種の狩りをしたり、ひき逃げ事件を起こすなど、さまざまな問題を起こしているにもかかわらず、いまだに人気が根強いみたいです。

10位  アクシャイ・クマール


映画やCMに出演するだけでなく、プロデューサーとしても活躍しています。

アクシャイ・クマールさんの年収は3550万ドル(約38億7500万円)です。





以上が、「世界で最も稼いだ俳優2017」のランキングでした。

10位でも、日本円にして38億円を超えています。

日本の芸能人で一番稼いでいると言われる秋元康さんの2016年の年収が、約25億円と推定されているそうですし、それをはるかに超える金額を俳優が稼いでいるのです。




やはり映画だけでなく、ドラマも含めると、アメリカ勢が強いですよね。

アメリカン・ドリーム恐ろべしでしたね。

↓合わせてお読み下さい↓
【2018年9月16日引退】安室奈美恵、25年の軌跡を写真と共に振り返る
ネプチューン名倉潤の兄「名倉教文」が山口組の幹部、殺人で逮捕されていた
斉藤由貴の医師の名前特定!※卓馬紳(たくましん)顔写真とパンツ画像入手
今井絵理子「カーセックス写真」流出疑惑に迫る!
小出恵介の現在がヤバイ、もはやただのオジサン
菜々緒、問題の事務所NGのインスタグラム即削除「美尻丸出し写真」
24時間テレビ歴代マラソンランナーの歴史とギャラ
TENN自殺の原因、上原多香子「デス不倫」のまとめ
有名芸能人【推定月収】or【推定年収】まとめ


にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ

これからも良い記事を書く為に

クリックの方をご協力お願いします!

スポンサーリンク