【2018年9月16日引退】安室奈美恵、25年の軌跡を写真と共に振り返る。※著名人コメントあり




デビュー25年で40歳を迎えた安室奈美恵さんが【2018年9月16日】に芸能界引退を発表しました。

デビューから「平成の歌姫」として音楽業界を支え続けてきた安室奈美恵さん。

持ち前のパワフルな歌唱力だけでなく、ファッションリーダーとして「アムラー」ブームまで巻き起こしました。

何歳になってもミニスカートは辞めない。

このプロ意識が、カリスマ性あるパフォーマンスとして「生きる伝説」となったのでしょう。





そんな安室奈美恵さんを写真で振り返ってみたいと思います。

まずは、引退発表の声明文をどうぞ。

安室奈美恵、引退声明発表文


ファンの皆様、

いつも応援していただきありがとうございます。

先日9月16日に無事、デビュー25周年を迎えることができました。

皆さんの応援、支えがあって25周年目をスタートできた事に心から感謝しております。

ありがとうございます。

今日は、私が長年心に思い、この25周年という節目の年に決意した事を書きたいと思います。

「わたくし安室奈美恵は、2018年9月16日をもって引退することを決意致しましたので、この場を借りてファンの皆様にご報告させていただきます。」

引退までのこの1年アルバムやコンサート、最後にできる限りの事を精一杯し、有意義な1年にしていきたいと思ってます。

そして、私らしく2018年9月16日を迎えたいと思います。

皆様、安室奈美恵の最後の1年を、どうぞよろしくお願い致します。

安室奈美恵





数々のミリオンセラーを生み出し、日本の音楽シーンを牽引し続けた歌姫の引退発表に、「平成の終わり」と表現する声もネット上であがりました。

安室奈美恵さんは引退の理由を明かしていないが、人気に未だ翳りがないこのタイミングでの引退宣言に、潔さと、引き際の美しさを感じさせました。

安室奈美恵さんに近い芸能関係者はハフポスト日本版の取材に対し、「真相は本人にしか分からない」と断ったうえで、「安室奈美恵さんの美学ではないか」と語ったようです。

安室奈美恵さんは、歌とダンスで魅せる正真正銘のアーティストです。

メディア露出は少なく、ライブ中はMCを挟まないことでも知られています。





そのストイックな姿勢や生き方に、多くの人が魅了されました。

「安室奈美恵さんは、芸能界の中でもトップクラスのプロ精神を持ってる人。

ダンスを見せることに強いこだわりがあり、体を鍛えてひとつ一つの動きにこだわりを持っている。

高い水準を目指す安室さんが凄すぎて、ついていけなくなってしまうスタッフもいたほどでした。

「自分が理想とするパフォーマンスが見せられなくなってしまう前に、ファンにそういうところを見せないための引退のように感じた。

彼女の美学につきる。」





安室奈美恵とともに平成も終わろうとしています。

安室奈美恵を写真で振り返る

1995年


安室奈美恵 with SUPER MONKEY’Sの5枚目のシングル「TRY ME 〜私を信じて〜」を発売。MAX松浦プロデュース。

ユーロビートのカバーで初のヒットとなった。

Body Feels EXITをリリース。

この曲から小室哲哉プロデュースになり不動の人気に。

彼女のファッションを真似する若者をアムラーと呼んだ。

1996年


日立マクセル「maxell UD」のCM出演の際の安室奈美恵。

このCMソングに自身の「a walk in the park」が使用された。

この曲の振り付けはKABAちゃんが担当した。

7月リリースのセカンドアルバム『SWEET 19 BLUES』はトリプルミリオンを突破するなど、10代の歌手としての記録も次々と塗り替えた。

同アルバムは出荷350万枚と当時の過去最高記録を達成。

『第38回日本レコード大賞』では「Don’t wanna cry」で史上最年少(当時19歳)での大賞を受賞した。




1997年


安室奈美恵が「CAN YOU CELEBRATE?」を発売。

ダブルミリオンを突破し、オリコン年間シングルチャート首位を獲得。

第39回日本レコード大賞獲得。

同年、TRFのSAMと結婚したこともありウェディングソングの定番になった。

1997年4月4日、安室奈美恵が、東京ドームで始球式を行った。

10月22日、TRFのダンサー・SAMとの結婚を発表、妊娠3ヶ月であることも明らかにした

1998年


1998年、出産のため1年間の産休に入り、育児に専念。

この間にベストアルバム『181920』をリリース。

5月19日に長男を出産。

12月には復帰シングル「I HAVE NEVER SEEN」をリリース。

『第49回NHK紅白歌合戦』では1年ぶりに公の前に登場し、前年と同じく「CAN YOU CELEBRATE」を歌う。

歌唱中、会場からの暖かい声援と拍手に感極まり涙を流した。




1999年


復帰後のシングル「RESPECT the POWER OF LOVE」の発売日であった3月17日に安室奈美恵実母殺害事件が起こる。

事件のショックでしばらくは活動休止状態になると見られていた。

安室奈美恵の母・平良恵美子さんが殺害された事件の全貌

8月には千葉マリンスタジアムで行われた『Final Summer Dream Stage』に出演し、2年ぶりにステージ復帰。

2000年


安室奈美恵が、九州・沖縄サミットのイメージソング「NEVER END」をリリース。

曲中、琉球民謡のメロディが取り入れられた。

2001年


1月に発売したリカットシングル「think  of  me/no  more  tears」を最後に小室哲哉のプロデュースを離れる。

3月から5月にかけて『break the rules』のライブツアー『namie  amuro  tour  2001  break  the  rules』を開催。

7月には沖縄の野外ライブイベント『MUSIC FEST PEACE OF RYUKYU』に出演。

8月には20枚目のシングル「Say  the  word」をリリース、シングル曲では自身初の作詞を担当した。




2002年


2月にファンへ向けたメッセージ・バラード「I  WILL」をリリース。

5月には『MTV  Video  Music  Awards  Japan 2002』にパフォーミング・アーティストとして出演し、特別賞・Inspiration Award Japanを受賞。

7月10日にSAMと離婚。当初、親権はSAMに渡ったが、養育権は安室が持ち、2005年には親権も移りシングルマザーとなる。

2003年


2月にリリースされたSUITE CHICのアルバム『WHEN  POP  HITS  THE  FAN』が異例のセールスを記録し、『ミュージックステーションスペシャル』にSUITE CHICとして出演。

AIとのコラボレーション曲「Uh Uh ,,,,,,」を歌唱した。5月には『MTV Video Music Awards Japan 2003』にプレゼンターとして出演し、SUITE CHICとしてBest Collaboration(最優秀コラボレーションビデオ賞)を受賞。

ソロでは自身による選曲、アイデアなどセルフプロデュースを開始し、3枚のシングルをリリースした後、12月には6枚目のアルバム『STYLE』をリリース。

11月からは翌年4月まで半年間に渡る長期開催となったライブツアー『namie amuro SO CRAZY tour featuring BEST singles 2003-2004』を開催(13万5,000人動員)。

2004年


安室奈美恵が、「MTVVideo Music Awards Japan 2004」にパフォーミング・アーティストとして出演し、Best R&B Video(最優秀R&Bビデオ賞)、Best buzzAsia from Japan(最優秀buzzAsia賞)の2冠受賞した(2004年5月)。

2005年


3月には日本最大級のファッションイベント・神戸コレクションにシークレットゲストとして登場し、4月にリリースした「WANT  ME, WANT  ME」を初披露。

5月には『MTV Video Music Awards Japan 2005』にパフォーミング・アーティストとして出演し、Best R&B Video(最優秀R&Bビデオ賞)(受賞曲「GIRL TALK」)、Most Impressivle Performing Artist In Asia(アジア最優秀パフォーミング・アーティスト賞)の2冠受賞。史上初の4年連続受賞の快挙を達成した。





2006年


5月に自身初の邦楽カバー曲を収録した「CAN`T  SLEEP, CAN‘T  EAT,  I`M  SICK/人魚」をリリース。

8〜11月には、1997年以来の大規模ツアーとなったアリーナツアー『namie  amuro  BEST  tour-Live Style  2006-』を開催(22万人動員)。

2007年


安室奈美恵、32ndシングル「Baby Don’t Cry」リリース。

オリコン・シングルチャート13年連続トップ10入りを達成。

同楽曲のキャッチコピーは、「切なくも輝いた“幸せな気持ちになれる”感動的なミディアム・ポップナンバー」。

2008年


『プレミアム ヴィダルサスーン』のイメージモデルを務め、パトリシア・フィールド(スタイリスト)、オーランド・ピタ(ヘアスタイリスト)と世界的クリエイター陣とのコラボレーションが実現し、3月にキャンペーンソング「60s  70s  80s」をリリース。

登場2週目でシングルでは9年ぶり10作目の首位を獲得した。

同月、『SPACE  SHOWER  Music  Video  Awards 08』のBEST FEMALE VIDEO(女性ソロ最優秀ビデオ)を『PLAY』のリード曲「Hide & Seek」で受賞。

4月には台湾で4年ぶりとなるアジア公演を開催した。





2009年


安室奈美恵、9枚目のオリジナルアルバム「PAST < FUTURE」発売。

前年リリースのベストアルバム「BEST FICTION」のビジュアルを自ら破るジャケットが話題になった。

マクドナルドのクォーターパウンダーのCMに安室奈美恵が出演。

CGでもう一人のじぶんに頭突きするシーンが話題に。

本人曰く「頭突きは今までやったことがなかったので難しかった」とのこと。

2010年


アルバムを引っさげて、4月から12月までライブツアー『namie  amuro  PAST<FUTURE  tour  2010』を開催。

5月には日本人アーティストとしては1994年のCHAGE  and ASKA以来2組目でアジアの女性アーティストとしては初となる『World  Music  Awards』の出演という快挙を成し遂げた。

2011年


コカ・コーラ ゼロのCMに安室奈美恵が出演。

荒野をロボットとロードレースを繰り広げる映像が話題に。

CMソングは安室奈美恵 feat. AI & 土屋アンナの「Wonder Woman」。

2012年


6月にオリジナルアルバム『Uncontrolled』をリリース。

竹内まりあが2008年に記録した『Expressions』以来3年9ヶ月ぶりに女性アーティストによるアルバム3週連続首位を獲得し、日本、台湾、香港、韓国、シンガポールの計5ヶ国で前作『PAST < FUTURE』に引き続き1位を獲得。

また香港では2週連続で1位を獲得している。

12月、15年振りとなる自身初の全国5大ドームツアー『namie  amuro  5大ドーム  TOUR  2012~20th  Anniversary  Best~』を開催。

5会場8公演で約34万人動員となり、動員数・公演数ともに女性ソロアーティスト歴代トップとなる





2013年


7月にオリジナルアルバム『FEEL』をリリース。

オリコン初登場1位を記録。

このアルバムより、レーベルをavex  traxからDimension  Pointへ移籍。

Dimension Point第1号アーティストとなる。

8月から12月にかけて、24会場44公演24万人動員の全国ツアー『namie  amuro  FEEL  tour 2013』を開催。

2014年


6月に自身初となるバラード・ベストアルバム『Ballada』をリリース。

8月から12月にかけて、13会場38公演31万人動員の全国アリーナツアー『namie  amuro  LIVE  STYLE  2014』を開催。

2015年


1月にデビュー以来所属していたライジングプロダクションを退社し、エイベックス内のプライベートレーベルDimension  Pointに移籍

6月に全曲未発表のオリジナルアルバム『_genic』を発売。全曲新曲&ノンタイアップという異例の作品であるにも関わらずオリコン初登場1位を記録した。





2016年


安室奈美恵、「Dear Diary/Fighter」発売。

Dear Diaryは「デスノート Light up the NEW world」主題歌。

初回限定ジャケットでデスノートの死神リュークとコラボ。

2017年


デビュー25周年記念ライブ「namie amuro 25th ANNIVERSARY LIVE in OKINAWA」が、デビュー記念日の9月16日と翌17日に沖縄・宜野湾海浜公園特設ステージにて行われた。

地元での凱旋ライブである今回の公演では各日約2万6000人を動員。

芸能界引退発表をし、日本中を驚きの世界へ。

引退へ著名人からのコメント

イモトアヤコ


海外に到着しました。

飛行機おりて直ぐに 安室奈美恵さんの引退というニュースを知りました。

正直あんまりにもびっくりしてなかなか実感がわきません。

小学生の時に安室奈美恵さんを大好きになって以来なんだか毎日が楽しくて、 曲を聴くとワクワクして、 ライブに行くとドキドキして、 怖くて出せない一歩も前に出せるような気がして、 出来ないことなんてないと思えて、 安室奈美恵さんという言葉を聞くだけで身体が熱くなり全身から勇気が溢れてくるのです。

清く潔く美しくかっこいい生き方心から尊敬します

安室奈美恵さんと同じ時代に生まれた奇跡に感謝し、1年後の9/16まで全身全霊かけてアーティスト安室奈美恵さんを応援したいです。

そしてそれ以降もずっとずっとずっとずっとずっとずっと大好きです。

安室ちゃんは何があろうとこの先もずっとわたしにとってのHeroなのです。

小室哲哉


正直、仕事で何とも言えない寂しさを感じるのは初めてです。

これからいよいよブレイクして行くのだなあという瞬間に立ち会えてから20年、あらゆる奇跡を起こし、足跡を残し、そんな姿を誇らしく思い、そして、あと1年で卒業という現実を知る。

このプロセスはなかなか味わう事はないでしょう。

奈美恵ちゃんには、最高の日々を過ごしてもらいたいです。




MAX MINA


小学生の頃に出会い同じ夢を追い続け共に歩み育った仲間。

25年前 SUPER MONKEY’Sとしてデビューが決まり共に上京。

あの頃から誰よりも努力家で、自分の道をしっかり歩いてきた奈美恵。

その姿がカッコよくて誇らしくもあり、羨ましくもあったよ

なんだか奈美恵らしいね

本当に本当にありがとう。

この一年 私も精一杯応援します。

美奈子

MAX NANA


SUPER MONKYE’Sとしてデビューが決まり25年前に一緒に上京してきた奈美恵。

デビュー当時、子供ながらに色んな事に悩んで励まし合って時にはぶつかって、泣いて笑ってとても濃く、充実した楽しい想い出ばかりです。

才能溢れながらも誰よりも努力を惜しまない姿にたくさん、たくさん励まされ学ばせてもらいました。

エンターテイナーとして一人の女性として自分らしい生き方。

どんな時も前を見てどんどん先へ進んで行く姿に尊敬と感謝の気持ちでいっぱいです!!

心から。。。ありがとう




MAX LINA


一緒に活動できた時間は私の人生の中で嬉しくもあり誇りに思います。

ありがとう。

あと一年奈美恵らしい輝きに期待してるね!

MAX REINA


沢山のファンに勇気や希望を与え続けた奈美恵が40歳を迎え大きな決断をした事に、悲しい気持ちでいっぱいだけど、何だか奈美恵らしいなと、格好良くも感じました!

この1年間、アーティストとして、一人の女性として素敵なパフォーマンスで私達を楽しませて下さい!!

浜崎あゆみ


どこにもない場所で、私は私のままで立ってるよ。

ねえ君は、君でいて欲しい。

いつまでも、そのままの君でいて欲しい。




平成の終わりとアーティストの美学


安室奈美恵さんが、2018年9月16日をもって引退すると発表しました。

数々のミリオンセラーを生み出し、日本の音楽シーンを牽引し続けた歌姫の引退発表に、「平成の終わり」とする声もあがりました。

安室奈美恵さんは引退の理由を明かしていませんが、人気に未だ陰りがないこのタイミングでの引退宣言に、潔さと、引き際の美しさを感じさせたと思います。

安室奈美恵さんに近い芸能関係者はハフポスト日本版の取材に対し、「真相は本人にしか分からない」と断ったうえで、「安室奈美恵さんの美学ではないか」と語りました。

安室さんは、歌とダンスで魅せる正真正銘のアーティストです。

メディア露出は少なく、ライブ中はMCを挟まないことでも有名です。

そのストイックな姿勢や生き方に、多くの人が魅了されました。

「安室奈美恵さんは、芸能界の中でもトップクラスのプロ精神を持ってる人。ダンスを見せることに強いこだわりがあり、体を鍛えてひとつ一つの動きにこだわりを持っている。高い水準を目指す安室さんが凄すぎて、ついていけなくなってしまうスタッフもいたほどでした」

「自分が理想とするパフォーマンスが見せられなくなってしまう前に、ファンにそういうところを見せないための引退のように感じた。彼女の美学につきる」

引退の真相は分かりませんが、安室奈美恵さんの、自分の中の「完璧」を追求しているような姿をみると、「美学」という言葉にも納得感がありました。

アムラー世代、安室奈美恵さんをはじめ、浜崎あゆみさん、宇多田ヒカルさんなど、圧倒的なカリスマ性でエンタメシーンを盛り上げる歌姫たちを目にしてきました。





その頃はCD全盛期で、ミリオンセラーが「当たり前」のように連発していた時代でした。

日本レコード協会によりますと、CDの総売上は2016年は1748億円で、2007年の3271億円の約半分です。

安室奈美恵さんのシングル売り上げトップ10をみると、1位から9位までは1995年から1998年までの曲が並んでいました。

安室奈美恵さんのように、ひとりの歌手がCDのミリオンセラーを記録する時代は、もう過去の話かもしれません。

「沖縄出身アーティスト」ブームの先駆けとなったのも安室奈美恵さんでした。

「沖縄出身」は、ある種ブランドのように定着させたのも安室奈美恵です。





安室奈美恵さんは25年の芸能活動で52枚ものシングル曲をリリースし、ソロアーティストとして唯一10代・20代・30代と「年齢での3年代」にわたりミリオン突破を達成しました。

2017年5月には、自身最多となる100公演の全国ツアーも成し遂げています。

安室奈美恵さんの引退発表を受けて、これまでの功績を振り返ると、「なんてすごい人だろう」という一言しか思いつかないくらい、安室奈美恵さんの素晴らしさを痛感しました。

2019年1月1日、平成が終わり、新しい元号になる見通しです。

ミリオンセラーという言葉を聞かなくなって、SMAPや安室奈美恵さんのような”カリスマ”がいなくなった次の時代は、どんな時代になるのでしょうね。





社会現象を起こすほどの安室奈美恵さんのような、「カリスマ」を感じられるスターは、今後現れるのでしょうか。

あと1年、この凝縮された平成の残りは、引退までの安室奈美恵さんの軌跡を、全てのメディアに張り付いて、心の中に焼き付けていきたいと思います。

↓合わせてお読み下さい↓
【2018年9月16日引退】安室奈美恵、25年の軌跡を写真と共に振り返る
ネプチューン名倉潤の兄「名倉教文」が山口組の幹部、殺人で逮捕されていた
斉藤由貴の医師の名前特定!※卓馬紳(たくましん)顔写真とパンツ画像入手
今井絵理子「カーセックス写真」流出疑惑に迫る!
小出恵介の現在がヤバイ、もはやただのオジサン
菜々緒、問題の事務所NGのインスタグラム即削除「美尻丸出し写真」
24時間テレビ歴代マラソンランナーの歴史とギャラ
TENN自殺の原因、上原多香子「デス不倫」のまとめ
有名芸能人【推定月収】or【推定年収】まとめ


にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ

これからも良い記事を書く為に

クリックの方をご協力お願いします!

スポンサーリンク