タッキー&翼、活動休止の真相。実は犬猿の仲だった!?




タッキー&翼が活動休止へ

ジャニーズの滝沢秀明(35)と今井翼(35)のアイドルユニット「タッキー&翼」が今月をもって活動を一時休止するというニュース。

ここ数年はユニットとして良いパフォーマンスができなかったことが発表された理由でした。

18日放送のテレビ朝日系「ミュージックステーション」の特番が、とりあえず最後の仕事となります。




本当の理由は「犬猿の仲」だった!?

今年でデビュー15周年を迎えた2人に何があったのでしょう。

ジャニーズ関係者がこう明かします。

「2人は“犬猿の仲”らしいのです。性格や生き方、考え方などがことごとく合わなかった

一緒に舞台などをやるにしても、周囲のスタッフの気の使いようが凄かった。

2人の立場の違いもあるでしょう。

ジャニーさんが大のお気に入りのタッキーは今や、ジャニーズの幹部扱い。

一方の翼はコツコツと舞台などをこなしている状況です。

本当は『解散』したかったようなんですが、ジャニーさんがそれをよしとせず、発展的な『活動休止』という形になった。」

確かに舞台「滝沢歌舞伎」やドラマ出演など華々しく活躍するタッキーに比べると、今井翼の活動は地味でした。

約1年前には「週刊文春」に、銀座のクラブで深酒していることをキャッチされた今井翼は、

「解散したい。」

「滝沢は自由だ。事務所の恩恵を受けている。」

「SMAP解散はメリーさんのせいだ。」

などとくだを巻いていたというから溝は深いようです。




これが真実なら活動休止は時間の問題だったといえるのかもしれません。

芸能評論家の肥留間正明氏はこう言います。

「今井は礼儀正しく、理詰めで話ができる

ゴーイング・マイウエーで、ジャニーズの中では非常に珍しいタイプです。

声もよく演技は確かで、プロデューサーの石井ふく子さんも惚れ込んだほど。

フラメンコを学びにスペインにも数カ月行くなど、勉強熱心でもある。

今後は舞台を中心に活動していくつもりでしょう。

事務所にベッタリの滝沢に対し、今井は『アウトサイダー』として存在感を発揮していくのでは。」

芸能プロ関係者はこう語ります。

「もともとソロデビューする予定だった滝沢が、今井を指名してコンビ結成となった仲だったんですが、ここ最近は不仲になっていた。

滝沢はジャニーズ事務所の幹部候補として表街道を歩いている一方で、今井は体制側とは距離を置いていた。

その結果、ソロとしてバンバン仕事が入る滝沢に対し、今井はそうでもなかった。

事務所の言うことは何でも聞く滝沢のことを、今井は不満に思っていた節さえある。

もともとは仲が良かったんですが、2人の間にはどんどん距離ができてしまい、コミュニケーションはまったく取れていなかった。」

ジャニーズ事務所は現時点で活動再開の時期は未定とはいえ「解散はない」と説明しているが、それもかなり危ういところかもしれません。

「現状を考えると、すぐに2人で活動再開とはいかないだろう。

再開時期も決まっておらず、事実上の解散と見る方が自然だ。」

と前出関係者は語りました。




元SMAPの中居正広を慕っている翼は「SMAPさんが分裂なんてあり得ない」と話していたといいます。

何とも絶妙なタイミングではあるが、今月8日には元SMAPの稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(43)、香取慎吾(40)が、ジャニーズ事務所を退社します。

昨年は大みそかにSMAPが解散しただけでなく、KAT―TUNから田口淳之介(31)が抜け、事務所を去ったことで、もともと6人組だったグループが3人になったことで、事実上の活動休止状態となりました。

そして今年はタッキー&翼。

様々な理由があるが、メンバーの不仲が溝を大きくしてきたのも事実でしょう。

ファンが置き去りになる事態が続いているのが現状です。

↓合わせてお読み下さい↓
香取慎吾・草彅剛・稲垣吾郎のサイトを閉鎖、ジャニーズ事務所より報告
タッキー&翼の活動休止決定、SMAP解散に続く激震にファン悲鳴


にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ

これからも良い記事を書く為に

クリックの方をご協力お願いします!

スポンサーリンク