武井咲、CMなど10億円以上の賠償金も!できちゃった婚の代償は大きい




TAKAHIRO(32)との結婚と妊娠を発表した武井咲の

仕事の調整が難航している事が分かりました。

来年1月期の連ドラは降板の可能性が非常に高く、妊娠で

出演継続が難しくなったCMもあるといいます。

所属事務所サイドは関係各所へのお詫びを始めるようですが、

場合によっては相当の賠償金が発生する可能性もあるようです。

日本中を驚かせた「できちゃった婚」なのですが、芸能界的な代償は

想像以上に大きくなる模様です。





関係者によりますと、武井咲がCM出演する各社へは、結婚発表当日の

1日に所属事務所から事前に連絡があったといいますが、

今後の契約継続などの本格的な話し合いは4日からだそうです。

契約中の「イメージ」保持は必須項目で、結婚・妊娠について

説明を求める会社も多数でているといいます。

かなりの金額の賠償金が発生する場合もあり、祝福ばかりに気をとられている

場合ではない重大事態に陥ってるようです。

今後の不透明なCMだけではなく、武井咲は現在、テレビ朝日系主演ドラマ

「黒革の手帳」(木曜午後9時)に出演中です。





その後も、10月スタートの日本テレビ系ドラマ「あなたを今から脅迫します」

(日曜午後10時30分)で主演を務めることが発表されており、

他にも映画や来年1月スタート予定のフジテレビ系連続ドラマ「フラジャイル」への

出演など多くの仕事が決まっていました。

今回の妊娠発覚で決定済みの仕事の見直しは必須で、「フラジャイル」は武井咲が

16年1月期に出演したドラマの続編になります。

代役は考えづらいが、妊娠による体形の変化が顕著になる時期でもあり、

降板の可能性も出ているといいます。

関係者は

「武井ありきで決まった仕事も多くあり、簡単なことではない。」

と頭を抱えているようです。

武井咲は、この日も「黒革の手帖」の収録に臨んだといいます。

同ドラマは今月中旬まで予定されており、クランクアップ後、

すぐに「今からあなたを脅迫します」の収録が始まるようです。





芸能界からは祝福の声が相次いでいますが、武井の所属事務所・

オスカープロモーションは複雑な思いでしょう。

ここまで女優として育ててきて、ようやくこれから本格的に売り出し、

バリバリ稼いでもらうぞ――という矢先だったからです。

年内のドラマ出演などは可能だろうが、年明けからは出産準備に入るため、その後、最低でも1、2年の休養を余儀なくされる。

「発表を聞いて、まず頭に浮かんだのがオスカーの古賀誠一社長の顔です。

所属する若手女優の中で「ポスト米倉涼子」として、一番の期待を寄せていた。

武井と剛力彩芽のどちらを積極的に売り出していこうかという話になった時、

他の幹部が剛力の名前を挙げる中、古賀社長だけは武井を推したのです。

それだけ期待が大きかった。今は頭を抱えているのではないでしょうか」

来年以降、CMが徐々になくなっていき、内定していたドラマや映画出演も

代役に取って代わられる可能性も、、、。

となれば、すでにCMの違約金についても関係者が話し合いを進めており、

その「損失額」は10億円とも20億円ともいわれています。

武井咲の結婚は芸能界にとって「一大事件」ですね。

↓合わせてお読み下さい↓
TAKAHIROと武井咲が「できちゃった結婚」しました
上原多香子「ニャンニャン写真」流出で堀北真希と山本耕史が離婚か!?
TENN自殺の原因、上原多香子と阿部力の「デス不倫」の行方とまとめ


にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ

これからも良い記事を書く為に

クリックの方をご協力お願いします!

スポンサーリンク