広島県の高校教師、飯田一明容疑者を覚せい剤取締法違反で逮捕




広島県警福山東署は19日、覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで、

広島県立竹原高校教諭の飯田一明容疑者(45)を逮捕した。

逮捕容疑は8月中旬から18日までの間、大阪府内や広島県内などで覚醒剤を使った疑い。




福山東署によると、福山市吉津町の交番に18日夜、

付近の住民が「酒に酔った人がいる。」と足元がふらついた状態の飯田容疑者を連れてきた。

注射器や覚醒剤が入っていたとみられる袋を持っており、

同署に任意同行し、尿検査で陽性反応が出たため逮捕した。




飯田一明容疑者は「間違いない。」と容疑を認めている。

覚醒剤を使ったとみられる期間中の行動について「研修で大阪に行き、広島に戻ってきた」と説明しているといい、同署は覚醒剤入手の経緯を調べる。

【関連記事】
覚せい剤の宛先を間違え逮捕!
Facebookで大麻売買したベトナム人逮捕!
ダブル不倫で男性を刺殺し愛人逮捕!
ジェットコースターに跳ねられ2人死傷!
パチンコ店屋上から女子高生2人飛び降り!
中学教師池上公一容疑者を覚醒剤取締法違反で逮捕!
木刀でメッタ打ち、妻を殺害で夫逮捕!
架空電話で200万詐取の外山洋平容疑者逮捕!

にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ

これからも良い記事を書く為に

クリックの方をご協力お願いします!

スポンサーリンク