四川省でM6.5巨大地震、被害拡大の恐れ




中国南西部・四川省の山岳地帯で8日午後9時20分(日本時間同10時20分)ごろ、マグニチュード(M)6.5の地震が発生した。

少なくとも13人が死亡した模様。同国政府の推定によると、最大で100人が死亡した恐れがある。




米地質調査所によると、震源地は同省成都の北284キロで、震源の深さは10キロ。

震源地となったアバ・チベット族チャン族自治州アバ県の地元政府が発表した声明によると、これまでに13人が死亡。

175人が負傷し、そのうち28人が重傷だという。

また国営新華社通信は、被災した九寨溝県では少なくとも観光客5人が死亡し63人が負傷と発表。

「ホテルのロビーが押しつぶされて人が埋まっている。」
「山が崩れ100人余りの観光客が救助を待っている。」

など徐々に伝えられ始めた。

今後も被害は拡大する恐れがある。



にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ

これからも良い記事を書く為に

クリックの方をご協力お願いします!

スポンサーリンク